客室乗務員の転職事情

xf0635081811l
 女性の憧れの職業のひとつに客室乗務員(キャビンアテンダント)があります。一昔前、スチュワーデス物語など、女性の花形の職業として定着してから、いまでもキャビンアテンダントになりたいという女性はあとを絶ちません。

 ただ、航空業界も再編が進み、以前と比べて条件も厳しくなり、決して待遇面でも良いものではなくなっています。具体的には正社員での採用はごく一部の航空会社に限られ、ほとんどが契約社員からのスタートになります。そのため、飛行機への連続した乗務というハードな業務の割に給与面などでは不満の残る状況が最近です。

 そのような環境下で、今般ローコストキャリアの台頭で、客室乗務員の転職市場が一気に活気づきました。いわゆる既存の航空会社から転職を募る、あるいは優秀な人材にはヘッドハンティングが行われ、多くの転職組が発生しました。

 キャビンアテンダントの仕事はかなりの経験値が必要であるとともに、航空機ごとに資格が必要となるため、即戦力で対応できるスタッフはやはり経験者に限られてきます。養成の必要がないため、企業側としても研修や資格取得に費用をかける必要がなく、経済的にも非常に効率がよいため、転職を促し、経験者を採用する方向性が特にLCCの場合は顕著です。

【参考サイト】
女性でも転職できる
女性が転職する際に大事なことは何だと思いますか?

 大手航空会社においては長期のキャリア形成を図るため、新卒採用も積極的に実施していますが、やはりキャリア採用も積極的に行っており、転職組としてはより条件の良い方を選択できる状況です。