転職の際の職務経歴書作成ノウハウ

通常の学生から就職活動して職につく場合と、会社を変わって転職する場合はちょっと勝手が違います。
転職の場合に大きな強みとなるのが、これまでのあなたのキャリアです。
転職したい企業へ提出する履歴書と…特に職務経歴書は、あなたのキャリアをアピールするための重要な書類となります。

ですからただダラダラとこれまでいた会社とその年月を並べるだけでは、せっかくのアピールポイントが活用できずじまいになってしまいます。

できれば職務経歴書は(もちろん履歴書も)、手書きで書くことをおすすめします。
PCで書くのは楽ですしなによりコピーをすぐとれるので利用したいものですが、企業によってはいまだに手書きを重んじるところが多いためです。

字がきれいな事に越したことはないですが、下手でも丁寧に書くことが大切です。
そして手にとった時に読む人の目をひくようにレイアウトを整理することも忘れないように。

書きミスをしたら修正テープなどで修正せず、面倒でももう一度最初から書き直すようにしてください。
大変ですがその努力が企業側にも伝わるものです。

前職で専門的な仕事をしていたなら、その内容を職務経歴書に書く際に専門外のひとが読んでも理解できるように簡単な言葉に変換してください。
その心遣いが採用の合否を分けるのです。

お役立ち情報
大卒者におすすめの転職サイト
大卒者が転職に使いやすい転職サイトとは

ILO駐日事務所

得意なこと、資格、これまでしたきた仕事で受けた評価は遠慮なく書くべきでしょう。
なんだかずうずうしいと思われないかと考えてしまいますが、企業側はその能力をなによりも欲しているわけですから、堂々と書きましょう。

職務経歴書はただの記録ではありません。
転職した後もその企業にずっと残るものですから、気をゆるめず丁寧に作成しましょう。